「ザ・ベストテン」4要素大研究
1984(昭和59)年11月22日 第354回放送分
「ヤマトナデシコ七変化」が9,000点越えで1位に
(オリ=オリコン、リサ=ミュージック・リサーチ、ラボ=ミュージック・ラボ)
先週 今週 タイトル アーティスト 総合得点 レコード売上 有線放送 ラジオ ハガキ
オリ リサ ラボ 総合
2 1 ヤマトナデシコ七変化 小泉今日子 9092 (5 (4 (8 (6 4 4 8
1 2 恋人達のペイヴメント アルフィー 8389 4 7 4 4 - 1 1
10 3 ハートのイアリング 松田聖子 7479 1 1 1 1 - 5 17
8 4 Woman”Wの悲劇”より 薬師丸ひろ子 6889 2 3 2 2 24 2 28
9 5 恋の予感 安全地帯 6879 6 5 5 5 3 16 18
3 6 クレイジーラブ 堀 ちえみ 6653 11 10 11 10 - 8 6
7 7 ミステリーウーマン 石川秀美 6429 8 6 9 8 - 13 10
4 8 泣かないで 舘 ひろし 6186 20 26 20 1 9 2
17 9 雪にかいたLOVE LETTER 菊池桃子 6179 3 2 3 3 - 12 24
19 10 いっそセレナーデ 井上陽水 5996 7 9 6 7 7 19 21
6 11 天国にいちばん近い島 原田知世 5963 9 8 7 9 - 3 25
5 12 星屑のステージ チェッカーズ 5863 24 24 24 . 6 6 3
11 13 長良川艶歌 五木ひろし 5136 17 17 14 15 24 7
12 14 最 愛 柏原芳恵 4906 18 25 21 8 10 16
22 15 にくめないのがニクイのさ 吉川晃司 4896 12 14 16 - 22 9
23 16 Tarako(タラコ) サザンオールスターズ 4813 13 19 10 - 20 12
13 17 道からの組曲 一世風靡セピア 4443 10 13 12 - 11 30
15 18 浪花節だよ人生は 木村友衛 3880 14 12 13 9 27 29
18 19 べらんめぇ!伊達男(ダンディ) シブがき隊 3830 - - - - 7 4
14 20 浪花節だよ人生は 細川たかし 3736 21 16 23 23 23 15
26 23 抱きしめてジルバ-Cares Whisper- 西城秀樹 5
* つぐない テレサ・テン 2
* 北の螢 森 進一 5
* おはん 五木ひろし カップリング曲 10
小泉今日子の「ヤマトナデシコ七変化」のレコード売上げは、今週上位に初登場している12インチ盤での得点のみだと、発表されたようにレコード部門総合6位で、総合順位では辛うじて1位にはなっていました。
ところが、実際には今週登場8週目で、今週も30位以内にランクインしている7インチ盤の得点も加算して集計されていたので、9,000点を越える高得点になりました。
「ザ・ベストテン」の得点配分は、12インチ盤と7インチ盤の合計売上枚数に基づく順位に対してではなく、それぞれの順位に対しての得点でした。
各社の順位を出す計算式は (12インチ盤の順位+7インチ盤の順位)-31 となります。
〇オリコン→5位(12インチ盤)と30位(7インチ盤)、(5+30)-31
〇ミュージック・リサーチ→4位(12インチ盤)と28位(7インチ盤)、(4+28)-31
〇ミュージック・ラボ→8位(12インチ盤)と22位(12インチ盤)、(8+22)-31
このままだとミュージック・ラボの分は満点を越えてしまうのですが、3社全体では満点内に収まるので、3社分をまとめて (5+30+4+28+8+22)-31×3=4(順位点) と計算されたようです。
この順位点4というのは、3社の順位が「1位・1位・2位」になっているのと同様になります。
これらのことにより「ヤマトナデシコ七変化」のレコード部門に配分された得点は、レコード総合1位(1位・1位・1位で順位点3・満点)の「ハートのイアリング」に次ぐ、レコード部門では2番目ということになり、しかも満点に近い得点を獲得していたことになります。


目次


上へ戻る


CopyRight (C) ohtoribest.net. All Rights Reseved.