「ザ・ベストテン」4要素大研究
1987(昭和62)年02月12日 第467回放送分
吉幾三の「雪國」が演歌として7年振り2曲目の1位
(オリ=オリコン、リサ=ミュージック・リサーチ、ラボ=ミュージック・ラボ)
先週 今週 タイトル アーティスト 総合得点 レコード売上 有線放送 ラジオ ハガキ
オリ リサ ラボ 総合
3 1 雪 國 吉 幾三 9002 1 1 1 1 1 9 12
2 2 木枯らしに抱かれて 小泉今日子 8766 5 7 2 5 2 3 7
1 3 愚か者 近藤真彦 8365 10 8 8 9 4 1 1
4 4 KID 田原俊彦 7925 4 6 4 4 - 7 3
5 5 楽園のDoor 南野陽子 7490 7 (5 9 7 - 2 5
9 6 ないものねだりの I Want You C-C-B 7195 11 20 6 2
6 7 バラードのように眠れ 少年隊 6630 13 14 17 11 4 4
10 8 NO MORE 恋愛ごっこ おニャン子クラブ 6293 3 2 3 2 - 12 -
8 9 TOO ADULT 渡辺美奈代 6057 6 4 5 6 - 5 -
21 10 愛しき日々 堀内孝雄 5540 8 9 7 8 6 28 -
11 僕達のRUNAWAY 福永恵規 5466 2 3 6 3 - - -
17 12 STAR 浅香 唯 5397 9 10 13 10 - 23 15
11 13 時の流れに身をまかせ テレサ・テン 5370 12 11 10 12 9 22 26
18 14 j ・e ・a・ l ・o ・u ・s ・y 池田 聡 5095 15 19 14 - 18 6
16 15 わかれ道 渡哲也・いしだあゆみ 4573 11 13 11 10 - -
7 16 WAKU WAKU させて 中山美穂 4567 29 16 19 8 11 13
12 17 六本木純情派 荻野目洋子 4070 23 26 18 3 15 18
14 18 ヴィーナス 長山洋子 3797 16 25 15 22 14 24
13 19 ホワイトラビットからのメッセージ 渡辺満里奈 3692 21 12 16 - 8 -
15 20 ジレンマ 中村由真 3297 18 17 22 - 24 21
20 * 好きさ 安全地帯 5
* サヨナラは私のために 松本伊代 9
* 白い告白 長与千種 8
* Oneway Generation 本田美奈子 発 売 前 10
* 天城越え 石川さゆり 7
* 約 束 高井麻巳子 10
吉幾三の「雪國」が1位になっています。演歌が総合1位を獲得するのは、五木ひろしの「おまえとふたり」が、1979年12月20日と翌1980年1月24日の2週1位に輝いて以来2曲目で、番組史上でもこの2曲だけでした。


南野陽子の「楽園のDoor」の集計について
1月10日に限定盤としての1,000円盤が発売され、2月1日に通常の700円盤が発売されています。オリコンとミュージック・ラボでは両方を最初から合計しての順位でしたが、ミュージック・リサーチだけはそれぞれを別々に集計した順位を発表していました。その為、ザ・ベストテンでのミュージック・リサーチ分の順位は、両方の盤の売上枚数を合算した上で、再集計された順位を使用していました。
ミュージック・リサーチ→1,000円盤「15位」、700円盤この週に初登場「18位」⇒合計売上枚数では「5位」相当に繰り上がる
このことにより3社の合計順位点は、7位(オリコン)+5位(ミュージック・リサーチ)+9位(ミュージック・ラボ)=21となります。

C-C-Bの「ないものねだりのI Want You」は、1986年12月10日に7インチ盤が発売された後、1987年2月1日に発売された12インチ盤がこの週に初登場しています。
7インチ盤と12インチ盤の両方が30位内に入っていますので、これまでと同様に、各社の順位を出す計算式は以下のようになります。

〇オリコン→17位(7インチ盤)+20位(12インチ盤)-31位=6位①
〇ミュージック・リサーチ→27位(7インチ盤)+18位(12インチ盤)-31位=14位②
〇ミュージック・ラボ→12位(7インチ盤)③、12インチ盤は30位圏外(36位)
◎3社の合計順位点⇒①+②+③=6+14+12=32

3社のレコード売上げ順位をザ・ベストテンで集計する場合は、このようにこの週は2通りの別集計が実施されていました。

ところが番組側も混乱していたのでしょうか、番組冒頭で発表の「レコード総合売上げベスト10」では、この2曲の集計は洩れていたので、実際の7位以下が変わってきます(1位~6位は変わらないので省略)。
発表された順位→7位「愛しき日々」、8位「愚か者」、9位「STAR」、10位「時の流れに身をまかせ」

配点の実情を反映させた「レコード総合売上げベスト10」の7位以下の順位
レコード総合7位←「楽園のDoor」順位点21(発表順位には無し)
レコード総合8位←「愛しき日々」順位点24(発表順位は7位)
レコード総合9位←「愚か者」順位点26(発表順位は8位)
レコード総合10位←「STAR」順位点32、※登場週数2週(発表順位は9位)
レコード総合11位←「ないものねだりのI Want You」順位点32、※登場週数8週(発表順位には無し)
レコード総合12位←「時の流れに身をまかせ」順位点33(発表順位は10位)
※順位点が同数の場合は、オリコン登場週数の若いほうを上位とする規定がありました

レコード売上げの調査会社3社のうち、オリコンとミュージック・リサーチは推定売上枚数を発表していましたが、ミュージック・ラボは「ヒット指数」(調査のサンプル店すべてで1位の場合を1000.0として算出したもの)しか出していませんでした。

「楽園のDoor」は、推定売上枚数を発表している会社での分離集計だったので合計枚数による順位を出し直すことが出来ました。
7インチ盤と12インチ盤の両方がランクインした場合は、3社全部で揃ってその合計売上枚数による順位を出せなかったことによる、ザ・ベストテン独特の集計基準だったようです。


目次


上へ戻る


CopyRight (C) ohtoribest.net. All Rights Reseved.