「ザ・ベストテン」4要素大研究
サイトの紹介
「ザ・ベストテン」は1978(昭和53)年1月から1989(平成元)年9月まで、TBS系TVで木曜夜9時から放送されていた音楽番組でした。

後世に残しておきたいテレビ番組アンケート等でも常に上位に入る偉大な番組です。

レコード売上げ、有線放送、ラジオ総合、はがきリクエストの順位という 4つの要素(項目)の各30位迄を得点化して、総合順位・得点を発表していた歌謡ランキング番組でした。

番組冒頭では4つの要素の各ベスト10が発表されますし、ランキングデータは厳正に集計発表されていたとされています。

レコード売上げは、オリコン(オリジナル・コンフィデンス)、ミュージック・リサーチ、ミュージック・ラボ の3つの音楽業界誌のデータを使用していました。

レコード部門のレコード「総合」売上げベスト10とは、 その3社の得点の合計が多い順ですし、3社の平均順位の順とも言えました。

要素は4つですが全部で6つのデータから構成されていたことになります。 従って、9,999点満点とは4要素というより6つのデータがすべて1位になった場合ということになります。

有線放送は全国有線音楽放送協会の資料を採用しています。

レコード売上げと有線放送の計4つのデータは収集可能な公表されていたデータで、 ラジオ総合とハガキによる2つの順位はTBSが独自に集計したランキングでした。

4要素6データの得点配分の比率(得点考課率)は、11年9ヶ月間で5通り(5期間)ありました。

番組公式本などは発行されても、番組終了後でさえその比率は”広報用”の数値2通りしか発表されていません。

つまりランキングにウソはついていないと言いながらも、具体的な真の数値は公表されていない現状があります。

そこで、この『ザ・ベストテン4要素大研究』では、まず実際の5期間の比率の数値とその変遷史を紹介しています。

レコードと有線の2要素計4データが入手出来て総合得点に当てはめれば、 残りのラジオとハガキの2要素が非公表だった11位以下でも、ほとんどの期間で算出という推定が出来ました。

こうして総合得点の内訳となる6つのデータが出揃ったことになります。 これらを公開して分析してみようという試みがこの『ザ・ベストテン4要素大研究』です。

なお集計された合計得点が同得点の場合は、はがき順位を優劣判断基準として、総合順位を決定しているようです。

目次
1978(昭和53)年01月19日 第1回放送分
1978(昭和53)年04月20日 第14回放送分
1978(昭和53)年12月21日 第49回放送分
1980(昭和55)年07月24日 第130回放送分
1980(昭和55)年12月25日 第152回放送分
1981(昭和56)年09月17日 第189回放送分
1982(昭和57)年04月15日 第218回放送分
1984(昭和59)年06月14日 第331回放送分
1986(昭和61)年01月09日 第411回放送分
1986(昭和61)年07月03日 第436回放送分

メール



(since 2017.1.8)


上へ戻る


CopyRight (C) ohtoribest.net. All Rights Reseved.